フロントガラス

安全でかつ快適な運転を実現するための装備

走行中、あなたの前方では、どんなことが起こるか予想できません。一番重要なことは視界がクリアなこと、そして瞬時にアクシデントに対応できることが重要です。

フォルクスワーゲン純正ガラス、ワイパー、ライトは、安全な視界をサポートします。

頑丈なセーフティガラスはエアバッグの適切な働きを助け、強い衝撃で割れることがあっても飛び散りにくい性質を持っています。また遮音効果に優れ、熱をカットし真夏の車内を涼しく保ちます。

視界の良さだけではない

フロントガラスの機能

フロントガラスはエアバッグの最適な作動をサポートするなど、様々な危険からあなたを常に守ります。フロントガラスはただのガラスではなく、パッセンジャーを保護するための機能も持ち合わせているのです。

安全のサポート

フロントガラスは、エアバッグが膨らむ際、的確に作動するようサポートします。

安定性

フロントガラスは、車体としっかり結合されていて、ボディ剛性の応力を支える役割をしています。車体剛性の約30%は、フロントガラスに依存しています。

あらゆるものから保護

フロントガラスは風、紫外線、騒音からあなたを守ります。夏の車内温度も低く保ちます。

フロントガラスの清掃と良好な視界

安全を重視する

クリアな視界:道路を見る視界がクリアであれば、様々な交通状況に適切に対応することが可能になります。
フロントガラスをクリアに保つことは、安全を確保する第一歩なのです。

フォルクスワーゲン純正エアロワイパー

雨天、雪、高速走行時でもクリアな視界を。

雪、雨、霧。不意の気象変化がおとずれても、何ら問題はありません。フォルクスワーゲン純正エアロワイパーは、あなたの視界をいつでもクリアな状態に保つからです。空気力学的なデザインを採用し、冬の高速走行時も安定した性能を発揮します。 耐久性に優れたワイパーですが、拭き取り効果が落ちてきた場合は速やかに交換してください。

純正ワイパーは最大30%の耐摩耗強度を誇ります。またコーティング加工でスムースな拭き取りを実現、過酷な冬の環境にも負けません。

あなたの安全のための重要な作業

フロントガラスの機能

安全を確保には、クリアな視界が最も大事です。ワイパーは様々な天候下で、延べ何百キロもの距離を往復しながら、紫外線、雨、雪、泥、埃などに晒されて劣化していきます。

ワイパーは、半年平均で714kmの距離をガラスの上で往復します。これは東京と青森間に匹敵します。

ワイパーのエッジは10~15ナノメーターの極細。人間の髪の毛と同じくらいの細さです。

水膜の厚み20~200ナノメーターでワイパーは浮いています。

フォルクスワーゲン純正フロントガラスクリア

ガラスポリッシュ

木の樹脂、タールやオイル等頑固な汚れを速やかに除去。ガラス表面を平滑にし、ワイパーの稼働をスムーズにします。

インセクトリムーバー

ガラス面にこびりついた虫やすす、油膜によるギラつきなどの汚れを落とします。スプレータイプの為、拭きムラなく、クリーンな視界を確保できます。

デアイサー

フロントガラス表面を解氷して素早く視界を取り戻すだけではなく、再凍結を防止する効果があります。環境を汚染しない原材料から抽出したアルコールを配合しており、環境に優しい商品です。

ウィンドーウォッシャー濃縮液

強力なクリーニング効果を持つ濃縮タイプのウィンドーウォッシャー液です。汚れや油膜等を素早く落とし、クリーンな視界を確保できます。

視界を良好に保つためのヒント

1回拭くだけ

ウィンドーウォッシャー液を補充した際は、ワイパーも一緒に点検しましょう。フロントガラスに水道水をスプレーして、ワイパーを作動させます。その時、拭き残しはありませんか?

3つのパッケージ

後部ガラスのワイパーも磨耗します。フロントのワイパーを交換する時に、同時に交換しましょう。

洗車の後

洗車後はフロントガラスにワックスや油汚れが付着していることも。これはぎらつきの原因になります。
清潔な布にアルコールを含ませてワックスや油汚れをキレイに拭いてください。

洗浄剤を使った洗浄

頑固な汚れには食器用洗浄剤を使用してください。油膜やシミ、虫などをキレイに落とすことができます。
食器用洗浄剤は長期的に使用すると悪影響を及ぼすことがありますので注意が必要です。

虫対策

暖かい季節には虫対策が必要となります。水だけでは落とすことができないので、専用のガラス洗剤を使いましょう。甲虫の死骸なども取り除けます。

車体を傷つけずに氷を取り除く

小さな石、砂、埃はフロントガラスに小傷をつけます。フロントガラス洗剤をスプレーした後、ワイパーは使わずに、ゴム製のヘラで拭き取ってください。

シールは貼らないことを推奨

ワイパー稼動エリアには、汚れや水滴の跡などが残ります。これらはレンズのようになり、例えば低い日射しや対向車などを見る時に視界を遮ってしまいます。

正しく調整する

結露からワイパーブレードを守ります。まずは、新しいワイパーを調整してもらいましょう。詳細はオーナーズマニュアルをご覧ください。

フォルクスワーゲン純正バルブ

最適な視界を得るために

フォルクスワーゲン純正バルブの高光密度な光は、夜間でも十分な光量で、夜道もはっきり見渡せます。 対向車からも視認性が良く、眩しくない光は、車のライトには最適です。
そして消費電力が少なくロングライフ。
これがフォルクスワーゲン純正バルブの特徴です。

良い視界を保つためのヒント

2つで1つのパッケージ

常に左右を一緒に交換していただくことを推奨します。バルブの寿命はほとんど同じなので、同時に交換することで同じ照度をキープします。

ライト無料点検

日照時間が短くなる冬の訪れの時期はフォルクスワーゲンのディーラーで無料のライト点検を受けましょう。公式のライト点検シールが貼ってありますのでご確認を。

専門家に任せる

光軸を正しく調整することで対向車に配慮することは、安全運転にもつながります。チェックはフォルクスワーゲンのディーラーで。

日中のライト使用

例えば、森の中の木陰や、日が翳ってきたタイミングなど、早めにライトを点灯して運転すると、あなたの車が周囲から見えやすくなります。
安全の観点からも、最近は多くの国で日中のライト点灯が義務付けられてきました。
ちなみにドイツでは、雨天時や霧、雪などの時のみ点灯が義務付けられています。

重い荷物でライトの位置が上がる

重い荷物やたくさんの人を乗せていませんか?その状況で走行すると車のリヤは下がり、フロントは上がります。そのため、対向車にはあなたのライトが眩しく感じられます。その場合、ヘッドライトの設定を調整するには、ハンドルの隣にある小さなレバーを使用します。オーナーズマニュアルには正しい調整方法が記載されています。


パーツメニュー