オイルフィルター

エンジンへの不純物を堰き止める、エンジンオイルフィルター

汚れや異物の混入をエンジン内部へ侵入しないよう、不純物を堰き止める働きをするのがオイルフィルターです。簡単にいえば、オイルは通すけれども不純物は通さない「濾紙」のような役割を担っています。

フォルクスワーゲン 純正オイルフィルターのこだわり

フォルクスワーゲンでは、オイル交換と同時にオイルフィルターの交換を行うことになっています。これはオイルチェンジの間隔が長いためですが、結果としてオイルフィルターもロングライフとなっています。

オイル交換は最短でも1年または15,000km走行時、最長で2年または30,000km走行時。従来のオイルフィルター交換の目安が6,000~10,000kmのため、少なくとも2倍はオイルフィルターを長持ちになります。

メンテナンスしない場合のトラブル

エンジンオイルは、走行距離や時間の経過とともに劣化し、もともともっていた性能を維持することができなくなり、エンジンに求められる機能を果たすことが難しくなっていきます。これにより汚れや異物の混入の割合も高くなります。

点検交換時期の目安

オイル交換は最短でも1年または15,000km走行時、最長で2年または30,000km走行時。その間は、オイルを補充することでオイルレベル(オイルの量)を維持していただければ、オイルもエンジンも、まったく問題はありません。


パーツメニュー