当ウェブサイトのすべてのコンテンツをお楽しみいただくためには、Adobe® Flash® PlayerとJavaScriptの機能を有効にする必要があります。
ブラウザの設定でそれぞれの機能を有効にしてご覧ください。
Adobe® Flash® Player(無料)のダウンロードはこちら

up! ASG(*1)トランスミッションの魅力 低燃費とクルマを操る愉しさを両立

■ASG(*1)の特徴

up!に搭載されたASG(*1)は、ATやCVTとは似て非なるトランスミッションです。クラッチペダルがない点はATと同じですが、ドイツ語で「オートメーテッド マニュアル トランスミッション」という名前のとおり、MTをベースにしており変速は自動で行うシステムです。

メリット

up!ならではの魅力の実現に、ASG(*1)は重要な役割を果たしています。 重量はわずか約30kg。車体の軽量化に貢献! このクラスのトランスミッションとして最も軽い部類で、
さまざまな性能に関わる車体の軽量化に貢献しています。
ガソリンエンジン車で屈指の25.9km/L(*2)の低燃費を実現! MTゆずりの優れた伝達効率や、最適なギアと変速ポイントの選択が、
燃費効率を効果的に高めています。
クルマを積極的に操っている感覚を、AT限定免許でも堪能できる! MTをベースにしたトランスミッションならではの操作する愉しさを体感することができます。
ASG(*1)を運転すると、丁寧なアクセルワークが身に付き、運転が上手になる効果もあります。

世界トップレベルの安全装備搭載の楽しく快適に安全に優れた性能が満載されたフォルクスワーゲンのもっとも小さな車up! その魅力迫ります。乗る人すべてに快適なドライブを約束します。

■操る愉しさ

ASG(*1)はマニュアルモードを備えており、自分の意志で小気味のいいシフトフィールを楽しむことができます。また、通常のドライブモードでも、積極的にクルマを操っている感覚を味わえるのが特徴。もちろんAT限定免許でも運転が可能で、クルマ本来の操る愉しさを堪能できます。

ドライバーが感じるシフトショックの謎とは?

ATやCVTからASG(*1)に乗り換えると、変速時にシフトショックを感じるというドライバーの方もいるようです。ASG(*1)は自動でギアを切り替える際に、ほんの一瞬エンジンの動力が途切れます。これはMTで変速のためにクラッチペダルを踏んで動力を切るのと同じ仕組みです。ドライバーの主観としては、加速しようと思ってアクセルを踏んでいるのに動力が途切れるため、思いどおりの加速感を得られない。この自分の感覚とのズレをシフトショックと捉えているようです。しかしその一方で、助手席や後席の同乗者はアクセル操作をしないため、感覚のズレを感じることがなくシフトショックを気にするケースもほとんどありません。シフトショックを感じにくくするには、ギアが切り替わるタイミングでMTのようにアクセルを戻すと効果的です。ご試乗の際にぜひお試しください。

■お客様からの声

その他のお客様からの声はこちら

*1:ASG(Automatisiertes Schaltgetriebe)=ドイツ語でオートメーテッド マニュアル トランスミッションの意味。
*2:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。実際の走行時には、この条件(気象、道路、車両、運転、整備などの状況)が異なってきますので、それに応じて燃料消費率は異なります。
ボディカラー、内張りとシートのカラーについては、ディスプレイの解像度や色調の設定により実際の車両と異なって見えることがありますのでご了承ください。
写真は細部で日本仕様と異なる場合があります。