当ウェブサイトのすべてのコンテンツをお楽しみいただくためには、Adobe® Flash® PlayerとJavaScriptの機能を有効にする必要があります。
ブラウザの設定でそれぞれの機能を有効にしてご覧ください。
Adobe® Flash® Player(無料)のダウンロードはこちら

あえて硬めのシート

運転に最適なシートとは?

安全性と快適性を追求した、
少し硬めのシート。

人間工学を徹底的に研究した結果、フォルクスワーゲンでは、あえて硬めのシートを採用しています。国産車にお乗りの方がフォルクスワーゲンのシートに初めて座ると、少し硬いと感じるかもしれません。 これは長時間の運転や渋滞などの状況でも、身体の疲労度が少ないことを求めたものです。 柔らかいシートは、座った瞬間こそフカフカのソファのようで心地よいのですが、同じ姿勢を長く取っていると辛くなることもあります。 前後左右上下に動くクルマのシートとしては、上体が動いて疲れが増してしまうのです。 フォルクスワーゲンのシートは、ドライブ中の身体をしっかりと支え、正しい姿勢で運転することを考慮しています。

シートの硬さとホールド感を長期にわたって維持するため、「鉄の尻」を乗せた耐久性テストを行っています。 人間のお尻の形をした重さ60〜70kgの鉄の塊をシートに乗せ、10万km走行に相当する機械テストを実施。 さらに、テストドライバーによる1万kmの実走行テストを実施します。 1cm以上の落ち込みがあったものは不合格になります。

GW やお盆、旅行、レジャーなどのロングドライブの時でも、上体が動きにくく、疲労度が少ないと実感いただけるはずです。

試乗で体験