当ウェブサイトのすべてのコンテンツをお楽しみいただくためには、Adobe® Flash® PlayerとJavaScriptの機能を有効にする必要があります。
ブラウザの設定でそれぞれの機能を有効にしてご覧ください。
Adobe® Flash® Player(無料)のダウンロードはこちら

シート調節はダイヤル式

国産車に多いレバー式の方が調節が簡単?

微調整が効き、
最適なドライビングポジションを取りやすいシート。

フォルクスワーゲンはシートそのものも、安全装備のひとつと考えています。 多くのモデルに採用されているダイヤル式のシートバック調節機構は、そんな考え方を反映したものです。

国産車に多いレバー式と比べると、少し面倒に感じることがあるかもしれませんが、無段階の微妙な調節が可能で、最適なドライビングポジションを取りやすいという長所があります。 さらに、構造上ガタつきが出にくく、万一の衝突の際には身体をしっかりと支えます。 より確実な安全性を優先した装備です。

  • ※up!の一部車種ダイヤル式でないものございます。詳しく正規ディーラーまでお問い合わせください。

すべては、乗る人の疲労や負担をできる限り軽減することが、安全な運転につながるという考えから生まれた、フォルクスワーゲン独自の設計です。

試乗で体験