当ウェブサイトのすべてのコンテンツをお楽しみいただくためには、Adobe® Flash® PlayerとJavaScriptの機能を有効にする必要があります。
ブラウザの設定でそれぞれの機能を有効にしてご覧ください。
Adobe® Flash® Player(無料)のダウンロードはこちら

クルマづくりを新たな時代へ

未来に向けた新しい自動運転技術がはいったコンセプトカー「I.D.」

フォルクスワーゲンの新しい時代に向けた
カウントダウンの始まりを告げる電気自動車シリーズ。

フォルクスワーゲンは、2016年9月のパリモーターショーでコンセプトカーの「I.D.」を初公開することで、未来に向けた重要な一歩を踏み出しました。「I.D.」は、高度な自動運転機能を備えた電気自動車で、1 回の充電で400kmから 600kmの航続距離を可能にしています。

2020年にはこのモデルの生産仕様が市場に導入される予定です。価格は同等の動力性能、装備を備えた「Golf」と大差ないレベルになるでしょう。
しかし、フォルクスワーゲンは今回のコンセプトカーで、さらなる将来も見据えています。採用されている「I.D.パイロット」モードでは、完全な自動運転が可能になっています。このテクノロジーが生産モデルに搭載されるのは、2025年になるでしょう。フォルクスワーゲンはまた、2025年までに年間100万台の電気自動車を販売する目標を立てています。「I.D.」の生産仕様の発売が、この目標実現に向けた大きな節目となることは、間違いありません。

新時代に向けての車両コンセプト

「I.D.」は、新しい「MEB」車両アーキテクチャーに基づいたフォルクスワーゲン初のコンパクトコンセプトカーです。MEBは「Modularer Elektrifizierungsbaukasten (英語:Modular Electric Drive Kit;日本語:モジュラー エレクトリック ドライブキット)」の略称であり、純粋な電気自動車のために新たに考案されました。革新的なMEBは、将来の乗用車の主な要件を満たし、フォルクスワーゲンAGの自動車開発の歴史のなかでも、マイルストーンのひとつと考えられています。MEBは、今後登場する多くの電気自動車に開発のベースを提供することになるでしょう。