当ウェブサイトのすべてのコンテンツをお楽しみいただくためには、Adobe® Flash® PlayerとJavaScriptの機能を有効にする必要があります。
ブラウザの設定でそれぞれの機能を有効にしてご覧ください。
Adobe® Flash® Player(無料)のダウンロードはこちら

長く愛されるデザイン

シンプルで普遍的な美しさを求める。

デザインコンセプトは
「10年経っても古く見えないクルマ」。

フォルクスワーゲンの各モデルは、デザインにおいても数々の賞に輝いています。 近年ではGolfが2013年度の「グッドデザイン賞」と「グッドデザイン・ベスト100」に選出。 up!は世界的に権威ある「iF デザインアワードインゴールド2012」や「2011-2012 日本カーデザイン大賞」を受賞しています。

世界の工業デザインをリードするドイツで育まれた、フォルクスワーゲンのコンセプトは「10年経っても古く見えないクルマ」というもの。 そして、グループのデザインを統括するワルター・デ・シルヴァは『機能性や実用性に根ざしたシンプルさは、フォルクスワーゲンのDNAである』と語っています。

一時の流行を追いかけることや見た目だけのインパクトを求めることを、フォルクスワーゲンは良しとしません。 製品の高い機能性や実用性に根ざした、シンプルでピュアな美しさ、時代に流されない普遍的な美しさを求めています。 世代や国境を超えて愛され続けた初代Beetleから現在まで、すべてのモデルにこのデザイン哲学が貫かれています。 5年10年と乗り続けるほどに愛着が増す。そんなクルマをお届けしたいと考えています。

貫かれるデザイン哲学